column

ハイクラスな生活を送りたい人へ!高級賃貸物件の比較すべき3項目!

ハイクラスな生活を送りたい人へ!高級賃貸物件の比較すべき3項目!

雑誌等で見るような、おしゃれな部屋を、自分で何もしなくても、手にすることができるため、人気が高まることが見込まれているのが高級賃貸物件です。

近年その物件数も増えてきていることから、実際にいくつか比較して選びたいという人も多いはずです。

そういう方のために、チェックすべき3項目をご紹介しますので、一緒に確認していきましょう。

高級賃貸物件について

近年注目が集まっている、高級賃貸物件についてご紹介します。

まず注目すべきは、内装です。スタイリッシュなデザインを施している物件、ホテルのような綺麗なデザインがさていて、ハイグレードな生活を送ることができます。

また、部屋の窓から見える景色もとても良いものが多いです。

大きな窓がつけられていて、綺麗な夜景を見えることができる物件も増えていて、日常の疲れを忘れさせてくれる風景を見ることができます。

そして最近では、部屋のデザインに合わせた家具が備え付けられている、家具付きに物件も登場して人気を集めています。

このような高級賃貸の物件に1ヶ月だけ滞在することができる高級賃貸も増加傾向にあります。

屋内での長期出張をする人や、外国人旅行者向けに作られたもので、今後、全国各地に増えることが見込まれています。

また、試しに生活してから、実際に購入することも可能な物件も登場しているため、良い高級物件を購入しやすくなっています。

高級賃貸物件の比較ポイント

このように、グレードの高い生活をすぐに送れるということから、高級賃貸物件というのはとてもたくさん増えているのが現状です。

ですので、住むことを考える場合、どの物件にすべきか、迷ってしまうことがあるようです。

一つに絞り込むには、比較するポイントを知っておくと便利ですので、特に注目したいポイントをご紹介します。

セキュリティ

高級賃貸物件では、防犯設備が整っているところがほとんどですが、それらのサービス内容を、チェックしてみましょう。

特に、多くの物件では、コンシェルジュが24時間常駐していると思います。

このコンシェルジュを上手に活用しながら、生活することは、たとえ単身でも安心感をもって毎日を過ごせますので、大切にしたいポイントです。

設備

セキュリティの他、物件の設備も大切なポイントです。

特に、家の中の設備ですが、玄関部分やバスルームなどは、物件によって差が出てくるものですが、特に、キッチン部分というのは、かなりの差が出てくるスペースです。

例えば、ディスポーサーがついている物件もあれば、ビルトイン浄水器が付いていることもあります。

また、キッチン部分に最初から電気オーブンが組み込まれている物件もあり、スマートなキッチンライフが楽しめます。

方角

最後に、意外と忘れがちなのが方角です。

これまでチェックポイントとしてきた、安全な防犯設備や構造、充実した設備機器が備わった高級賃貸物件でも、部屋が向いている方角が悪いと、せっかく選んだ高級なイメージが損なわれてしまいます。

住宅は、南向きの部屋がいいとされます。

日本では、夏場と冬場で、太陽の方角と高度が異なります。そのため、冬場では、正午に日射量が多くなり、朝晩はそれほどではありません。一方、夏場は、朝と晩の日射量が正午の日射量よりも多くなります。

部屋の窓が、東向き、西向きの場合、冬はさほど日射が入らず、夏場に強い日射を受けてしまうことになります。部屋の中が日射で焼けてしまったり、結果、暖冷房を多く使うことになりかねません。

実際に気になったら

最初にお伝えしたとおり、近年、多くの高級賃貸物件が登場しています。

いざ、物件を借りようとしたら、まずはインターネットで検索することから始めると思いますが、実際に気に入った物件があれば、ぜひ内覧しに行くことをおすすめします。

高級賃貸物件は、一般的な賃貸物件と違って、細かい部分にまでこだわって造られているので、実際に内覧することでそのこだわりやほかの物件との違いなどをチェックすることができるからです。

物件を内覧するためには、あらかじめ不動産会社に連絡を取って、予約を入れる必要があります。

物件の所在地がわかっても、室内を見ることはできませんから、鍵を持っている不動産会社スタッフと一緒に見ることになります。

実際現地に行くことで、内装や設備以外の、日当たりや、風通し、周辺環境などをチェックできます。

より実際に生活したときのようにシュミレーションしたいのであれば、昼間、夜間と複数回見に行くことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

高級賃貸物件は、どれもスタイリッシュで、見れば見るほど目移りしてしまいますね。

ご紹介した3つの項目を参考にして、自分のライフスタイルに合った物件、毎日の生活が楽しくなるような物件をしっかり吟味して見つけたいものですね。

ぜひ参考にしてみてください。

関連記事一覧

創業30周年キャンペーン

最新コラム