column

体を壊す前に知っておきたい、タワーマンションの3つの空調システム

体を壊す前に知っておきたい、タワーマンションの3つの空調システム

現在、タワーマンションのほとんどが、24時間換気システムの設置を義務つけられています。

このタワーマンションの空調問題については、化学物質によるシックハウス症候群などの問題が原因としてあげられます。

換気システムの種類はいくつかあります。それぞれの特徴やお手入れ方法などを紹介していきます。

タワーマンションの換気の仕方

建築基準法にて、「24時間換気システムの義務化」が、施行されたのは、2003年のことです。

その一番の理由は、「シックハウス症候群」を予防するということからです。

「シックハウス症候群」は、主に建材や家具などから発生する様々な有害な化学物質が原因と言われています。

国土交通省は、タワーマンションの気密性の高さ、そして、ライフスタイルの変化により換気する機会が減少していることから、「24時間換気システム」を義務化するに至りました。

24時間換気システムの種類

24時間換気システムの仕組みは、外気をリビングや個室にある給気口によって取り込み、部屋全体の空気をきれいにしたあと、洗面所やトイレにある天井排気口から外に排出するというのが一連の流れです。

建築基準法では、「1時間で、部屋全体の空気の半分以上が入れ替わっていることが必要」と定めています。

この24時間換気システムですが、3つの換気方法があります。

それぞれ一長一短あるので、特徴を知って、マンション購入の際のポイントにしていただけたらと思います。

第1種換気システム

「給気と排気の両方を機械で行う」ことが特徴なのが、第1種換気システムです。

タワーマンションや寒冷地で多く採用されるタイプです。

メリット
「安定した確実な換気が行なえる」
「外気温度の影響が気にならない」

デメリット
「コストが高い」
「第3種よりも建築費や電気代がかかる」

第1種換気の場合は、換気扇に「全熱交換機器機能」を備えたものがほとんどです。

省エネに有効という特徴があります。

それは、換気の際、排気する空気から熱と湿気を給気する空気に戻します。

換気による熱のロスが少なくなるので、省エネに有効です。

また、全熱交換器は紙でできています。排気と給気が交換器の中で混ざることはありませんが、紙でできているため、熱と湿気が仕切りを透過するので、熱と湿気が交換されます。

ただ、湿気と一緒に匂いも戻してしまいます。24時間換気システムで全熱交換器を採用する場合は、匂いの発生するトイレと、大量の水蒸気が発生するお風呂は局所換気にしなくてはなりません。

第2種換気システム

「給気だけ機械で行う」ことが特徴なのが、第2換気システムです。

病院の手術室など常に室内を清浄に保つ必要のある場所で採用されるタイプです。

こちらは、居室の一方の壁に給気口を設け、給気ファンによって強制給気を行い、室内に空気を取り込みます。

取り込まれた空気は、室内を循環し、気圧が高まってくると自然的に排気口から空気が出されます。

第3種換気システム

「排気だけ機械で行う」ことが特徴なのが第3種換気システムです。

現在、多くのタワーマンションで採用されているタイプです。

■メリット
「コストが安い」
「結露に強い」

■デメリット
「外気温度の影響を受けやすい」
「換気の安定性は第1種ほど高くない」
「フィルターが汚れやすい」

排気に関してのみ、機械による強制換気を行い、給気に関しては、自然換気を行う仕組みです。

給気にダクトを使わないので、コストが安く済みます。

ただ、給気口が自然給気なので、機械排気口の位置関係や外部の風の方向性等によって給気機能が低下する心配があります。

また、冬場など外からの空気が寒いと言って外壁にある給気口を閉じてしまうと、24時間換気が働かなくなってしまいます。

換気を止めるとどうなるか?

住宅に向いている換気システムは、第1種と第3種の換気システムです。

コスト面で安い第3種が多いという現状ですが、もしこれらの換気を止めてしまったらどうなるかをご紹介します。

基本的に、この24時間換気システムは止めてはいけません。

この換気システムのおかげで、化学物質のよる空気汚染を抑えられている可能性があるからです。

ただ、完全に換気システムを止めたほうがいい場合もあります。

それは、大火災や原発による放射線汚染といった緊急事態の時です。

そのためにも、万が一の時慌てないように、システムの止め方は取扱説明書で確認しておいたほうがいいでしょう。

換気システムの手入れ方法

この換気システムはコストがかかります。もし、空気の出入り口部分や、中のフィルターが誇りで詰まったままだと上手く機能せずに電気代の無駄遣いになりかねません。

フィルターの汚れ具合やその交換頻度は各家庭により異なると思いますが、次第に汚れがたまってくるので、数ヶ月に一度は給気口や排気口のチェックを行うことをおすすめします。

給気口のフタは簡単に開きますし、中のフィルターを取り出せるようになっています。

汚れがひどいようであれば、中性洗剤でやさしく洗って、よく乾燥してから取り付けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?タワーマンションでは、第1種換気システムか、第3種換気システムがほとんどです。

それぞれメリットデメリットがありますので、一概にどちらが良いとは言えませんが、自然換気をスムーズに行うのが難しいようであれば、確実に換気できる第1種換気システムはコストはかかりますが価値があると言えます。

良くない空気を部屋に溜め込まず、健康的な生活を送りたいものですね。

関連記事一覧

最新コラム

月別アーカイブ