column

タワーマンションの近所付き合いの実態と攻略法を紹介します!

タワーマンションの近所付き合いの実態と攻略法を紹介します!

最近では、管理会社主催で、同じタワーマンションに住む人の交流会などが開催される所も増えてきています。

これは、近所付き合いが、いろいろな場面で住んでいる人のメリットになるからに他ありません。

どちらかというと、タワーマンションでの人間関係においていいイメージを持っていない人が多い中、ちょっとした心がけで、そのイメージを払拭し、近所付き合いに悩むことも少なくなるのではと考えます。

近所付き合いに悩んでいる人、これから、タワーマンションの購入を考えている人に是非とも知っていただきたい内容です。

タワーマンションでの近所付き合い

タワーマンションの近所付き合いを考えるとき、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

割と、良いイメージを持つ人は少ないのではないでしょうか?

例えば、分譲住人が、賃貸住人を見下したり、高階層に住んでいる人が、低階層よりも偉いような風潮がある、など、悪いイメージがそれにあたります。

たくさんの人が住んでいる共同住宅では、共有スペースやエレベーターの中で顔を合わせるくらいなので、そこまで接点が生まれないと思いがちですが、やはり住んでいると、同じ属性の人同士でのコミュニティが出来てしまうことは否めません。

特に、子供が同じ年だったり、同じ幼稚園だったり、習い事が一緒だったりすると、マンションで会った時に挨拶だけ、というわけにはいきません。

そうなるとやはり、近所付き合いが始まりますし、その中で、先ほどのイメージのような近所付き合いでの悩みが出てくる可能性もあります。

このような悩みは、住まないとわからないので、事前の対策ということはできません。

ですので、近所付き合いをするために、心がけることや、最低限すべきことなどを踏まえて生活することが大切です。

一方、ご近所付き合いをしていたからこそ良かったと思えることもあるので、その点もご紹介していきたいと思います

近所付き合いのメリット

タワーマンションでも近所付き合いはあまりいいイメージが無いようですが、それでも、近所付き合いのメリットはあります。

一つは、もし子供がいた場合です。子供がいると、どうしても子どもが遊ぶ音、大人が叱る音など両隣や、上の階、下の階の人に迷惑をかけることになります。

両隣が、同じ子供がいる世帯でしたら、お互い様ということで済ませることもできるかもしれませんが、そうでない場合は、多少の近所付き合いをしておきさえすれば、理解してもらうことも可能です。

引っ越してきた際に、あらかじめ挨拶しておくことも大切なポイントかもしれません。

もう一つは、地震などの災害の時です。

特に、災害時は、お互い協力して非難することが大切です。そんなとき、近所付き合いをしている場合と、そうでない場合、どちらがスムーズに協力できるかは明らかだと思います。

人間関係をメリットデメリットで図るのはあまりよくないかもしれませんが、近所付き合いが、決してデメリットだけではないことも知っておいて欲しいと思います。

良い近所付き合いをするために

近所付き合いも悪いことばかりではない、ということをお伝えしました。しかしそれでも、こちらから声をかけたり、人見知りだからということで苦手な方もいるかと思います。

ここでは、近所付き合いで悩まないようにするため、心がけたほうが良いことをご紹介します。一つ知っておいたほうがいい点は、近所付き合いを嫌う人や、距離を置きたいと考えている人がどうしてもいるということです。

もともと、そういう理由で、タワーマンションに住んでいるという人も多くいるのが現実ですので、こちらが挨拶してもリアクションが薄いとか、全然みんなの輪に入ってこない、という場合でも、強要しないほうがいいでしょう。

また、基本的にタワーマンションのような共用住宅で、人間関係のトラブルに巻き込まれないためには、付かず、離れずという心がけが大切かと思います。

近所付き合いや人間関係で悩んでいる人の多くは、自分が他人からどう思われているのかを気にしすぎるあまり、悩んでしまうことが多いようです。

そうならないためには、あまり他人のことを詮索しすぎないように、また逆に、近所の住民との関係を、希薄にしすぎないように、心がけるといいかとおもいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冒頭お伝えした、タワーマンションにおける近所付き合いの悪いイメージは払拭できたでしょうか?

結局のところ、いくらタワーマンションだからといっても人と人との付き合いであり、それには向き、不向きがあることは当然です。

自分の生活を楽しめるかどうかは、自分の心持ち次第です。

ぜひ、今回のポイントを参考にして、楽しいタワーマンションライフを送っていただけたら嬉しいです。

関連記事一覧

創業30周年キャンペーン

最新コラム