column

タワーマンションで人気のディスポーザー。その魅力を徹底解説!

タワーマンションで人気のディスポーザー。その魅力を徹底解説!

最近のタワーマンションで、標準的な設備の一つとなっているのが「ディスポーザー」

そもそも何が魅力なのでしょうか?

今回は、そんなディスポーザーの仕組みや使い方、そして、メリット、デメリットまでを一挙にご紹介します。

ディスポーザーとは?

ディスポーザーとは、「生ゴミ粉砕機」です。

シンクの下に取り付けるのですが、生ゴミがシンクに溜まってしまうことがなくなるため、衛生面を高めるアイテムということで、最近注目度が増している電化製品です。

日本で普及され始めて約30年ほどになりますが、当時の下水処理施設は都市部の一部にしか普及しておらず、ディスポーザーの設置は自粛されていきました。

その後、安全性と利便性が確認され、徐々に広まっていっています。

ディスポーザーの仕組み

ディスポーザーには、2つの様式があります。

「連続投入方式」
「パッチフィールド式」

の2つですが、それぞれ使い方が違うのでご紹介します。

「連続投入方式」

・水道水を出す。温水を避けて、水量は水しぶきが少し上がる程度。

・ディスパーザーのスイッチを入れる。

・生ゴミを投入する。

・処理が終わるのを待つ。その後、15秒程度運転してからスイッチを切り、水を止める。

「パッチフィールド式」

・生ゴミを投入する。

・水道水を出す。水量は水しぶきが少し上がる程度。

・蓋スイッチを所定の位置に合わせ、運転開始。

・処理が終わるのを待つ。その後、15秒程度運転してからスイッチを切り、水を止める。

メリットとデメリット

ディスポーザーを考えている方に、取り付けた際のメリット、デメリットをご紹介していきます。

「メリット」
・料理後すぐにゴミ処理できるため悪臭の原因を防ぐことが出来る。
・生ゴミを貯めないので、虫が発生する可能性が少ない。
・焼却処分に比べると環境への負担が少ない。
・掃除の手間が軽減。
・ゴミの量が削減できる。

一番大きなメリットは、悪臭を抑えることが出来る点でしょうか。

特に夏場はそうですが、コバエなどの虫が少なくなる点も大きなメリットです。

「デメリット」
・特別な浄化槽が必要なため維持管理費がかかる。
・高圧洗浄などのメンテナンス費用がかかる。
・水道、電気代がかかる。

タワーマンションによっては、あらかじめディスポーザーがついている場合があります。場合の維持費は、マンションの管理費に含まれます。

排水処理がディスポーザー、またはマンションについているものはゴミを処理して、水のみを下水流しますが、「直接投入型ディスポーザー」は、ゴミを砕いたまま下水に流してしまい、環境汚染につながる可能性もあるので、注意が必要です。

購入するときの注意点

ディスポーザーの価格は、取り付け費用を含んだ金額で、5万円~10万円ほどです。

ほとんど業者に頼んで付けてもらうのですが、本体価格が高いものだと、粉砕能力が高く、また、粉砕する際の音も小さかったりと、近隣への配慮をするのであれば、このようなものがおすすめです。

本体価格にお金をかけたい人のために、取り付け手順をご紹介します。そう難しくないので、取り付け費用を抑えたい人はチェックしてみてください。

・設置されている排水ポンプを外す
・シンクフランジの取り付け
・ディスポーザー本体を接続
・排水管と接続
・電源スイッチや電線を接続
・正常に作動するか確認

使用するうえでの注意点

いくらディスポーザーといっても、なんでも粉砕できるわけではありません。

流してはいけない食材や洗剤そして、注意点をご紹介します。

同じものを大量に流すのはNG

貝殻など、極端に硬いものをディスポーザーに入れてはいけないことはよく知られていると思いますが、同じものを大量に処理して流すことはNGです。

よくあるケースが、枝豆の皮など捨てる部分が多いものです。

一気に詰め込んでしまいがちですが、同じものを一度に大量に処理して流そうとすると、上手く粉砕できず、排水管内で詰まってしまいます。

複数種類の生ゴミを入れるようにしましょう。

繊維質の生ゴミには注意

ディスポーザーは塊を切ることは得意ですが、繊維質を切ることは苦手です。

ですので、繊維質の生ゴミは粉砕刃に絡まりやすいので要注意。

特に、とうもろこしの皮やヒゲ、玉ねぎの皮などは詰まりやすいので気をつけましょう。

塩素系洗剤には弱い

一般的な洗剤は問題ありませんが、塩素系洗剤の成分は、金属疲労を起こし腐食してしまします。

最終的には、穴や亀裂が発生して漏水の原因となりますので、注意が必要です。

熱湯に弱い

ディスポーザーの排水管は、プラスチックで出来ているのがほとんどです。

例えば、カップ麺の余ったお湯などそのまま捨てていると、プラスチックが変形してしまい、正しく機能しなくなってしまうことがあります。

お湯など温かいものを捨てる際は、冷ますか、水と一緒に流すといいです。

その他の注意点

その他、意外と忘れがちな、ディスポーザーを使用するときの注意点をご紹介します。

水をしっかりと流すこと

自動給水装置付きのディスポーザーであれば必要ないですが、粉砕した生ゴミを流すためには水が必要です。

水を流し忘れたり、水の量が足りないと、うまく作動しないことがあります。

また、粉砕が終わってすぐに水を止めると、まだ生ゴミが流れきってないことがあるので、停止後10秒から20秒ほどは水を流し続けることが大切です。

きちんと処理が終わるまで待つ

ゴミが粉砕され、ゴミがなくなったとしても、自動で止まるまでは、電源をつけたままにしましょう。

生ゴミを粉砕したあと、粉砕したゴミを排水管へ流すために、機械を動かし続ける必要があるためです。

途中で止めてしまうと、ゴミが残ったり、悪臭や機械の腐食の原因になります。

騒音に注意

騒音については、ティスポーザーの種類によって様々です。

新しい製品は、比較的騒音の少ないものが多いですが、注意すべきは、タワーマンションなど集合住宅で使用するときです。

なるべく、夜中や早朝の使用は控えて、上下階や隣家への配慮を忘れないようにしましょう。

まとめ

ディスポーザーの使い方から、メリットデメリットを一気に紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ワンランク上のライフスタイルを送るために、ぜひとも、このディスポーサーを生活に取り入れて見てはいかがでしょうか。

そして、より快適なタワーマンションライフを送ってもらいたいですね。

関連記事一覧

最新コラム

月別アーカイブ