column

タワーマンションの住み心地は?メリットとデメリットを徹底分

タワーマンションの住み心地は?メリットとデメリットを徹底分

タワーマンションは現代ではステータスの象徴として憧れの的になっています。

「あんな高層階から毎日眺められる景色はどんな気分かな~」

「たぶんロマンチックな夜景を堪能できるんだろうな…」

「きっとリッチで贅沢な気分を毎日味わえるに違いない」

色々と想像は尽きないと思います。

では実際、暮らしてみるとタワーマンションの住み心地はどんな感じなのでしょうか?

今回はタワーマンションに実際に暮らすことで実感するメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

住んでからわかるタワーマンションのメリット

実際、タワーマンションに住むとどのようなメリットを感じることができるのか?

実際にタワーマンションに暮らした方の声には以下のものがあります。

眺め・見晴らしが良い

やはりメリットとしてダントツに多い声はタワーマンションの上層階から見る眺めです。

その高さゆえに景色を遮る建物は何一つない見晴らしの良さは多くの人が憧れを抱いている通りです。

高い所にあるため近隣の人の目も気にする必要もなくカーテンを開けっ放しにして夜景も楽しめます。

落ち着いた時間にお気に入りのドリンクを片手に、ソファーでゆったりした気分で景色を堪能できるのもタワーマンションならではの楽しみですね。

蚊やゴキブリなどの虫が出にくい

あまりの建物の高さから蚊や蛾やゴキブリなどの虫が寄りつけないようです。

虫が苦手な人にとってはかなり大きなメリットではないでしょうか?

虫がいないため季節・時間問わずに躊躇なく換気できるのも便利ですね。

共用施設が整っている

実際に住み始めてから施設が整っていて便利と気づく人も多いようです。

タワーマンションによってはスポーツジム、庭園、キッズルーム、ラウンジ等の独自の共用施設が充実しているところもあるそう。

何よりお子さんがいる人に嬉しいのはキッズルームかもしれません。

お子さんが小さい時は遠いところに外出して遊ばせるのも困難な状況もあります。

キッズルームであれば雨の日など外出が難しいときであってもそこで遊ばせることができます。

スポーツジムなども住民しか使うことがないため、混み合うこともほぼなく、施設の維持管理費なども世帯数が多い分、意外とお手頃という声も多いようです。

このようにタワーマンションにどんな施設が完備されているかもマンション選びをするときのポイントになるかもしれません。

外にわざわざ出ずとも施設を利用できるというのは住んだ人だからこそ感じられる重要なメリットですね。

セキュリティーが充実しているため安心

タワーマンションならではですが、24時間体制の防犯設備があるようです。

仕事柄、遅い時間に帰宅することが多い人も今の時代珍しくです。

そのため、普通のアパートやマンションでは帰り道が暗く不安な女性も多いかもしれません。

その点、タワーマンションは建物が明るく防犯設備もしっかりしているため、安心して暮らせるという声もよく聞きます。

毎日続くことだからこそ、セキュリティーの高さは大事なポイントですね。

住んでから気づいた!タワーマンションのデメリット

メリットを感じる一方では、住んでからようやく見えてきたタワーマンションならではのデメリットも存在するようです。

エレベーターが止まると昇るのが大変

故障や地震災害などでエレベーターが止まった時は大変なようです。

実際、33階建てのタワーマンションに住んでいた人の声ではまさに東日本大震災のときに停止してしまったようです。

15時10分頃に大規模地震が発生して16時30分頃に戻ったところエレベータは完全停止状態。

33階建てを階段で上ることになったそうです。

地震発生時の揺れが大きい

こちらも地震発生時についてですが、高層階なだけに実際の震度よりも大きな揺れを感じるそうです。

「かなり揺れたな」と思ってTVを付けてみると、震度3程度の揺れだったということも。

タワーマンションは耐震・制振構造のため地震に強いとは言われていますが、体感的には強い恐怖を感じるそうです。

停電が起きてエレベータも使えなくなり、階段の電気も付かなかったことで、真っ暗な状態になり、最上階までの上り下りにはかなり危険を感じる人もいたようです。

普段の生活は便利で心地良いものの地上から離れた場所にあるため、地震などの災害時にはかなりの恐怖と危険を感じた人の声も多いです。

荷物を運ぶのが面倒

家電や家具などの大きな荷物や大きな買い物、重いゴミを運ぶ際にはかなり負担が大きいようです。

特に引っ越し時の荷物運びをする際には何度も上り下りが必要な上、エレベーターの待ち時間もあることからかなりの時間と労力が必要になります。

更には大型の家具・家電はその大きさから入らないことも。

購入の際には、必ず寸法を測ってから購入しないと後悔することになるかもしれません。

やはり地上から離れた階になればタワーマンションであっても荷物運びは不便なことは変わりがないようです。

外出をするのが面倒になる

タワーマンションは生活が便利なため外出頻度が大幅に少なくなったという人も多いようです。

エレベータが混雑することがあるのも要因として考えられるかもしれません。

タワーマンションによればコンビニが入っていることもあるため、そこで食料の調達や買い物も済ませることができます。

そうなるとわざわざ下に降りて出かけるということすらも面倒になり、外に出られなくなる人もいるみたいです。

強風で洗濯物が干しにくい

高層階になればなるほど外の風が強くなるため、洗濯物が干しづらいという声もあります。

マンションの規定によっては高層階では欄干に干せないと決まりがあるところも多いため、洗濯の際は乾燥機頼りになることも。

乾燥機が必要になる分、電気代などで余計な出費が増えるのが難点です。

管理費が高くつく

共用施設が多くて便利なタワーマンションですが、その分管理費が高いという声もあります。

施設を頻繁に利用する人にとっては「お得だ」いう声がある一方では、ほとんど利用しない人にとっては損していると感じる人もいるようです。

まとめ

今回は実際にタワーマンションに住んだことがある人が感じたメリットとデメリットの声をまとめてみました。

特にデメリットの声に関しては参考になることも多かったのではないでしょうか?

タワーマンションに住む前はほとんどの場合はメリットばかりが頭に思い浮かぶと思います。

しかし、実際に住んでみれば、意外なところに落とし穴があったということも。

デメリットのほとんどは自分自身のライフスタイルに一致しなかったことで起こります。

マンションの共用施設に関してはまさにメリットを感じる声とデメリットを感じる声にくっきり意見が分かれていました。

あまり自分が必要としない共用施設ばかりが入っている場合は、管理費で損した気分になりますよね。

そういった意味では住もうとしているタワーマンションがあなたのライフスタイルに一致しているか今一度確かめる必要があります。

メリットとデメリットの双方を見てあなた自身が求めている優先順位はどれが一番高いのか?

それを冷静に見極める必要がありそうですね。

関連記事一覧

創業30周年キャンペーン

最新コラム

月別アーカイブ